治療院 経営の教科書「目次」


目次
はじめに

第一章
繁栄する治療院ビジネスはココが違う
〜繁栄する治療院に欠かせない「3つの要素」とは〜

治療院ビジネスへの大誤解
・健康産業の中の位置づけ
・サービス業としての治療院
・製造業としての治療院
・小売業としての治療院

第二章
集客の戦略
〜戦略がなければ集客は成功しない〜

なんで集客できないの・・・?
いまどきのお客さまの事情
誰に施術を受けてもらいたいのか

第三章
集客の戦術
〜お客さんはこうして集める!〜

・集客は難しくない
・集客をする前に
・チラシで集客
・ホームページで集客
・口コミで集客
・広告媒体で集客
・集客を立体的に考える
・月に1人集客できる戦術を100通り実践する

第四章
治療院のリピート戦略
〜もう一度あなたの治療院に通ってもらう方法〜

・軽視されがちなリピート率
・リピート率を上げる方法とは
・リピート率が上がったら、継続率を上げる
・「ライフタイムバリュー」という考え方

第五章
こんな治療院が選ばれる
〜選ばれる治療院の「7つの条件」とは〜

・お客さまに選ばれる治療院
・お客さまに選ばれる治療家

第六章
施術料という重要なファクター
〜治療院経営の収入源、施術料の設定方法〜

・治療院ビジネスは経営しやすい
・安直に決めた施術料で潰れる治療院
・施術料の設定方法
・値上げと値下げ

第七章
治療院のリピート戦術
〜長くあなたの治療院に通ってもらう方法〜

・リピートはドアを開けたときからが勝負
・リピートしない時のお客さまの心理
・2回目以降におきる「3つの不満」
・こうすれば長くリピートする!

第八章
開業や店舗展開を考えるなら
〜立地の選び方と、選んだ立地の特徴〜

・賢い立地の選び方
・立地で変わる集客戦略・戦術
・深く濃い中で戦うか、広く薄い中で戦うか

第九章
経営難という地獄から抜け出す方法
〜起死回生なんてない〜

閉鎖してしまう治療院
・治療院の利益を上げる方法
・なぜ?利益が出ないかを考える
・データが命(dm打とう)
・セミナーなんか行くな!
・集客!集客!集客!
・起死回生なんてない

おわりに

治療院 経営コラム
プロローグ
vol.1 治療院の経営は「立地」で異なる
vol.2 治療院の経営力とは?

| 目次

閉鎖してしまう治療院


治療院経営に必要な経費

ここで経営に必要なお金、経費を考えて見ましょう。

・地代家賃(出張の場合は必要ないが、交通費も考えましょう)
・スタッフの人件費(1人治療院の場合は経営者の給料)
・備品代
・広告費

この4つが主な割合を占めているはずです。

本来、治療院の経営は、経費をあまりかけずにスタートできるのがメリットです。ベットや備品など、お金をかけようと思えばいくらでもかけることは出来ますが、お金をかけずにやろうと思えば、いくらでもなんとかなるのが治療院ビジネスの特徴です。

なので、閉鎖してしまう治療院のほとんどが、地代家賃が払えない、経営者がお給料を取れない、という理由で閉鎖に追い込まれてしまいます。

また、経営に苦労している治療院の話を聞いていると、「昔は回りに同業者が少なかったのに、最近はドンドン回りに同業者が増えて、お客さんが少なくなってしまった・・・。」なんてことをよく聞きます。

そして、その状況を打開しようとして、サービスの価格を下げてしまい、価格競争になっている治療院も多いです。

価格競争になるということは、ビジネスモデルが薄利多売に近づくということです。つまり、忙しくて儲からない・・・なんていう状況になるのです。

治療院の数は増える一方で、まず減ることはないでしょう。

もちろん閉鎖してしまう治療院も多いのですが、それを上回る勢いで治療院の数は増え続けています。

なので、周りにライバルが増えても、価格競争にならないような経営が必要になってくるのです。

価格競争にならないために必要なのが「差別化」です。
周りのライバルと同じような治療院になってはいけません。
第二章でもお話しましたが、ターゲットを絞る必要があるのです。

今の現状に満足することなく、常に「今後はどのような治療院にしていこうか?」と自分に問いかけながら経営をしていかなければいけないのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。